The Blue Note-Books

ジャーナリスト森健のブログです。
http://moriken.org
<< 韓国語版『グーグル・アマゾン化する社会』発売 | main | ブログ移行、サイトリニューアル、新刊案内 >>
北米の日本人ハーフアーティストたち
0
     YouTubeが広がりだしてから、オバマ・ガールの登場やオバマチャンネルからの個人献金の急拡大など、社会全体にも変化が起きている。この動画による情報発信の変化はもっとこの先(秋の米大統領選などはとくに)大きな変化をもたらしそうだ。
     それについて話しだすと長そうなのでまた今度に。
     今日書きたいのはそういう社会系ではなく、音楽の話。この音楽のほうでも、YouTubeをきっかけにいろんな人がデビューしている。

     で、この分野に関して、海の向こうでは日本人ハーフがかなりがんばっているのだ。
     しかも、みんないい曲をつくっている。

     その筆頭となるのは、今春米国でCDデビューしたMarie Digbyだろう。発音はマリーではなく、「マリエ」。向こうのテレビや新聞などのメディアでも「YouTubeが生み出したスター」ということでかなり取り上げられたので、ご存知の人もいるんじゃないかと思う。
     彼女は昨夏に気がついてすぐ定期購読に入れた。基本はギターかピアノの弾き語り。RihannaのUmbrellaやLinkin ParkのWhat I've Done(この曲のカバーで知った)など著名アーティストのカバーをしていて、そのカバー曲のほうでYouTube上で話題になった。でも、自分のオリジナル曲もまた折々で発表し、次第にそちらのほうでさらなる評価が上がっていった。

     ぼくもどれもいいなと思っていたら、向こうのレーベルから正式なデビューとなった。
     曲調がSheryl CrowとかMIchell Branchとか、ナチュラルトーンのロックがベースなので、それだけでとても好きなのだけれど、YouTubeを見るかぎり、一般人感覚も忘れていないし(まぁそれがルーツだし)、性格も非常に親しみやすいところもたくさん出ていて好感がもてる。熊本のお婆ちゃんの家に帰ったときには庭や仏壇、近くの神社などを紹介しているところもなんというか、まさに半分日本人っぽいし。
     いま検索したら、どうも日本盤ではエイベックスからデビューするらしい。
     ぜひ売れてほしい。

     その彼女よりもひと足早くデビューを果たしているのは、Justin Nozuka
     彼の場合はYouTubeに登場以前から向こうでは注目されていて、デビューの話があったようなので、YouTubeデビューではない。
     でもYouTubeでもたしかにすごい数がヒットされている。
    http://youtube.com/watch?v=hgGkJez6pcM
    (埋め込み不可)

     声に独特のねじれ感があって、それが彼の歌をきわだたせていて、非常にいい。いま調べたら、なんとフジロックにも出るらしい。日本語が話せないけれど、父の国なので来たかったとEMI JAPANのページに書いてあった。

     YouTubeのヒット以前から、ウェブ保存サイトInternet ArchiveのArts&Audioや、いまはなき高画質サイトStage6などで人気を誇っていたウクレレ(ハワイアン)ミュージシャンのJake Shimabukuroもかなり有名な日本人ハーフだろう。
     どれくらい売れているのか定かじゃいけれど、少なくとも、Stage6があった頃は彼はしょっちゅう閲覧トップに食い込んでいたのだから、人気があると言っていいだろう。
     当時Stage6にアップされていたのがいまもYouTubeに残っている。


     それからまだマイナーだけれど、昨秋YouTubeで一時期すごいビューを誇ったのが、Goh Nakamuraだ。
     切ない曲調に加え、ボーカルがダブルトラックですこしブレさせている感じ、さらにサンフランシスコのサービス業で低賃金で働く若者のことを歌った歌詞と幻想的なビデオと、いずれもすごくマッチしており、かなりの評判だった。

     公式サイトによると、彼もいまは自主レーベルからCDデビューを果たしたらしい。

     並べてみると、いずれもフォークやレイドバック系だ。
     以前からロスで活動しているRay Sandovalとかは2世ではなく3世。情熱的で叙情的な曲調が多い彼の場合はスパニッシュギターとかチカーノ系に入るのかもしれないけれど、それでもフォークやレイドバック系と言えなくもない。

     それが日本人ハーフアーティストの特徴だと言ってしまうと、括りすぎかもしれないけれど、そういうのが好きだと言える傾向はあると思う。
     いずれにしても、こうして世界で広く認められ評価を受ける日本人ハーフが増えるのは(しかも個人活動の延長線上で!)うれしいものだ。
     
     ※そういえば、Linkin ParkのMike Shinodaも日本人ハーフでしたね。彼はフォークやレイドバック系ではないけれど。

    | culture | 00:25 | comments(1) | trackbacks(0) |
    コメント
    ご無沙汰です☆
    Goh Nakamura、イタ気持ちいい感じのツボに入ったわ。
    ジャパニーズボーイのイケてないイメージと図らずもマッチした彼のルックスから溢れるちょっぴり幻想的で切ないネオ・蟹工船。
    でもボーカルはダブルトラックという地味な懲りっぷりもああ、やっぱりジャパニーズボーイ。
    | あかり | 2008/12/02 9:04 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.moriken.org/trackback/667517
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    RECOMMEND
    J-POP
    J-POP (JUGEMレビュー »)
    電気グルーヴ
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    Munki
    Munki (JUGEMレビュー »)
    The Jesus and Mary Chain
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE